課外活動

WHAT A WONDERFUL LIFE!

2003年4月9日-12日 @下北沢本多劇場

WHAT A WONDERFUL LIFE!チラシ

キャスト

宅間孝行・永田恵悟・野口小百合・藤田京子
杉田吉平・西村清孝・吉田美穂・飯島ぼぼぼ・荘司カズヨ
長南公・金子千絵・西慶子・村上和彦・小渡志乃・越村友一
吉成浩一・松永亜樹・文珠康明・田辺美智子・岡村ゆきえ
八木理香子・大滝智子・中川優子・二井紀明・高橋亜里沙
須加尾由二・田村依里奈・稲垣あけみ・武田秀臣・宮前利成

スタッフ

作・演出/サタケミキオ 照明/日高勝彦
舞台監督/加治真理 舞台美術/向井登子
音響/飯島弘敬 音楽・歌唱/田村依里奈
宣伝美術/グラフマニア 制作/碓井夕梨子

ストーリー

「時間がない!」をテーマにした4つの作品からなるシチュエーションコメディー

TAKE1「桜ほころぶ、桜が翔る」春の中山競馬場にて

最終レースを目の前にして会社の金を注ぎ込んでしまった銀行マン。最終レースに勝負を賭けて取り戻すしかない!がレースまでの時間は刻一刻と迫ってくる!

TAKE2「熱いアイツは灼熱の楽屋裏」夏の花園神社にて

花園神社でテントを張ってアングラ芝居を打つ「劇団白テント」。公演初日開演30分前に主演俳優が姿を消した!開演時間は刻一刻と迫ってくる!

TAKE3「天、高く、愛は、散る」秋のヤクザの組長の邸宅にて

今日は組長さんの誕生日。邸宅で開かれる誕生パーティーを目前に控え、つつがなくパーティーを始めたい若頭の耳に飛び込んでくる、お手伝いさんや組員たちの犯した失態の数々!パーティー開始時間は刻一刻と迫ってくる!

TAKE4「15年目のメリークリスマス」屋台のある冬の公園にて

殺人事件の時効を目前に控えた犯人は浮浪者のような生活をしていた。ボランティアの炊き出しを貰いながらその時を待ちわびる犯人の前に、15年彼を追い続けた刑事が現れた!時効は刻一刻と迫ってくる!

4つのシチュエーションで繰り広げられる笑い満載のタイムサスペンス!4本の話を通して浮かび上がってくるものは・・・?

解説

セレソン初の再演作品。初演後から再演の呼び声が高かったこの作品、場所を下北沢本多劇場に移し、キャストもセレソン初参加組を加えてのニューバージョン。オーディションによりまた新たな血が加わったり、一部初演時の役から違う役へ変わったりと、再演ながらも新鮮味あふれる作品となった。

初演時よりも更にグレードアップしたところを見せようと、TAKE2で出演の森尾役の飯島ぼぼぼなどは劇中で飲むオロナミンCに今回は生卵を入れて飲むといった微妙な工夫をするなどの熱のこもりようであった。

また初演時、キャストとしてエントリーしながらも病の為、降板を余儀なくされた西村清孝がリベンジするべく参戦。岩木を追い詰める刑事桑山役を熱演、完全復活をアピールしたが遅刻グセは健在であった。

裏話-内部告発-

長南 公が本番前日、自主稽古中に足を痛め、本番初日は何とか乗り切ったものの骨折していた事が判明。降板を余儀なくされるハプニングが。ピンチヒッターとしてたまたま観にきていた武田秀臣と宮前利成が急遽、ダブルキャストという事で日替わりで出演する事に。

本番中のあまりにも突然の出来事の為、本番前は武田と宮前の稽古にほぼ全時間が費やされる事に。武田などは本番終了後、楽屋にてあまりの緊張感だったのだろうか、その役目を何とか終えた安堵感からか思わず涙を流す。そしてその場に居合わせた皆も感動してもらい泣き。まさに感動のひとコマ。

しかし実は須加尾由二ももともと演出助手だったのが本番数日前になって急遽、出演する事となり、稽古場でのそのモチベーションの高さに感動を与えていたのだが、皆その事は既に忘れ去っていたのだった。

Copyright (C) 2006 TOKYO SELECCION DELUXE. All Rights Reserved.