課外活動

流れ星

2009年5月20日-6月14日 @東京シアターサンモール
2009年9月20日-23日 @名古屋テレピアホール
2009年9月30日-10月4日 @大阪イオン化粧品 シアターBRAVA!

流れ星

キャスト

宅間孝行・うつみ宮土理・山田まりや 小野 了・永田恵悟・越村友一・須加尾由二
万田祐介・牟田圭吾・中島弘臣・小谷早弥花
池田沙耶香・尾畑美依奈

スタッフ

作・演出:宅間孝行  照明:日高勝彦/坂元千晃
舞台美術:向井登子 舞台監督:井関景太/・鈴木晴香
演出部:尾崎弘延/深沢亜美 舞台装置製作:金井大道具
小道具製作協力:テツヲ/しげ屋/イルミカ
音響:阿部洋子 衣装:大野美智子 ヘヤメイク:下田亜希子
音楽制作:伊藤薫/柴野達夫
宣伝美術:清水哲/小池幹雄 宣伝写真:畑勝明・齊木恵太
演出助手:金井麻衣子/上野千春
制作:小渡志乃/塩水可菜子/小倉奈都美
プランニング:緒方宣文/槙和美
主催:東京セレソンデラックス(東京)/東海テレビ(名古屋)/朝日放送(大阪)
企画:セレソンプロジェクト
後援:FM802(大阪)
協力:ビクターエンターテインメント/チアーズ/キョードーファクトリー/キョードー東海/ サンライズプロモーション
宣伝協力:ディップスプラネット(東京)/株式会社トゥドゥエージェンシー(名古屋)
協賛:株式会社そごう・西武(大阪)/SRG Takamiya (大阪)

ストーリー

東京の片隅にある寂れた下宿屋「徳秀館」を長らく営む星野謙作・夏子の熟年夫婦。しかし夏子は冷えきった夫婦関係に嫌気がさしていた。
そんな矢先に謙作は帰らぬ人となってしまう。
「あたしの結婚生活は何だったのか?」
涙さえ出てこない夏子の前に突然魔法使いマリーが現れ夏子のお願いを四つ叶えてくれるという・・・。
半信半疑の夏子がマリーにしてもらう「四つのお願い」とは・・・?

解説

2006年うつみ宮土理さん直々にラブコールを受け、宅間孝行がそれに応じる形で実現したのがこの「流れ星」。人呼んで「コラボDEケロンパ」。満を持しての再演。

今回は魔法使いマリー役に山田まりやさんを迎え、キャスト陣もほとんどが新しいキャストというリニューアルバージョン。しかも前回は中野ザ・ポケットで2週間の公演だったのが、今回は東京約1カ月にプラスして名古屋・大阪と、東京の初日が5月20日で大阪の千秋楽が10月4日という、一大プロジェクトとなった。

しかし名古屋は初上陸。名古屋は鬼門と言われ、初モノには警戒心が強いので、集客面でかなり厳しいのでは?という噂が・・・。2ステージが妥当ではないかとささやかれる中、何を血迷ったか4日間5ステージを敢行。(名古屋ではロングラン公演と言われた。)
その上、大阪では、当初予定していたそごう劇場が急遽使えなくなってしまうという、バッドニュースが・・・。
そこへ手を挙げてくれたのがシアターBRAVA!。キャパは1,100を超える大劇場。2階席もあり、セレソンが今まで経験したことのない広さの劇場にチャレンジすることに。そして、血迷いついでに5日間8ステージを決行。 そんな集客の不安をよそに、いざフタを開けてみれば、名古屋・大阪共に連日ほぼ満員に近いお客さんが!
もちろん多くの方々のご協力、お客さんのクチコミあっての事だが、血迷ってなかった事も、ちょっとイタい集団じゃなかったことも証明してみせた。
そして大阪公演千秋楽では大スタンディングオベーション!これには宅間孝行をはじめ出演者一同大感激。
これはもうぶっちゃけ大成功と言っていいんじゃないか!そんな「流れ星」公演だったのだ。

裏話-内部告発-

今回初上陸の名古屋、そして巨大なキャパの劇場でやることになった大阪。名古屋公演の前には、永田・越村・須加尾を中心に自費で、しかも車で名古屋へ。手作りTシャツで宣伝活動を。また、宅間自らも名古屋・大阪にてややドサ回り的な宣伝活動、営業活動をあちこちで展開。そしてうつみさんやまりやさんまでもが、快くしかも積極的に名古屋・大阪でPR活動を。地味ながらも地道なキャンペーンを行ったのだ。

まぁそれはそれとして舞台上ではハプニングもちらほら。名古屋では謙作こと宅間孝行が、夏子にボタンを縫って貰うはずのジャケットを見事に楽屋に忘れ、何とか舞台監督のおかげで難を乗り切ったものの、忘れもの常習者として健在ぶりをアピール。

また、大阪では駒村こと永田恵悟が一人芝居中にかけていた眼鏡を客席に見事な放物線を描きながら飛ばすという荒技を披露。パニクる永田に宅間は容赦ないツッコミを。次のシーンからは代用の眼鏡で登場。カーテンコールの際に、お客さんから返して頂いたのだった。

そしてお約束の千秋楽。東京・名古屋・大阪それぞれの千秋楽にて随所にアドリブを。兼子の志の朗読を引っ張る引っ張る・・・。駒村を脱がす脱がす・・・。全て仕掛け人は宅間孝行。
もし実写版「ドラえもん」が製作されるなら、ジャイアン役は彼をおいて他にいない。

Copyright (C) 2006 TOKYO SELECCION DELUXE. All Rights Reserved.