課外活動

流れ星

2006年5月9日-21日 @中野ザ・ポケット

流れ星

キャスト

宅間孝行・うつみ宮土理・阿南敦子・永田恵悟
西村清孝・杉田吉平・飯島ぼぼぼ・丸山麗・越村友一
高橋亜里沙・竹森りさ・吉成浩一・松永亜樹

スタッフ

作・演出/サタケミキオ  照明/日高勝彦
舞台美術/向井登子 舞台監督/松井佐知子
音響/多田トモコ 宣伝美術/田尻奈津子
宣伝写真/高田洋三 演出助手/清水裕明
制作/碓井夕梨子、吉田 敏、小渡志乃

ストーリー

時は現代、ここは東京の片隅にある古びた下宿屋「徳秀館」。星野謙作と夏子の熟年夫婦が営んでいる。しかし2人の間は冷え切っていた。謙作は山登りと称しては、しばしば家を空け、夏子も熟年離婚を考えるようになる。そんなある日、会話らしい会話もなくいつものように出かけた謙作は、出かけた先で突然倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまう。

それから初七日を終えたある夜、夏子の前に突然、魔法使いだと称すマリーが現れる。夏子の願いを四つ叶えてくれるという。半信半疑の夏子ではあったが、彼女の望んだ願い事は「タイムスリップできる?」。夏子は謙作と結婚する前に好きな人がいたのだった。しかもその男、中富は謙作によって死に追いやられたのだという。過去に行って歴史を変え、中富と結婚し人生をやり直したいと望むのだった。その願いを叶えるべく、夏子とマリーは1970年、昭和45年へ・・・。

時代は万博や学生運動、よど号事件、東大爆破騒ぎの真っ只中。夏子と父、慎太郎の営む徳秀館に、夏子は夏美と名乗り、マリーとお手伝いとして住み込む事に成功するが、当時取り立て屋をしていた謙作も弟分ヨージと共に住み着く事に。夏美は何とか夏子と、下宿人の中富をくっつけようと必死。果たして歴史は変えられるのか?本当に中富は謙作によって死に追いやられたのか?残りの願い事は?そしてマリーの正体は?目的は?夏子の知らなかった事実が次第に明らかに・・・。

解説

今回はセレソンでは珍しいファンタジー作品。特に長編ではお初と言っても過言ではない。世間ではやりつくされた感のあるファンタジーを敢えてセレソンで。別にサタケ氏がネタ切れだった訳では決して、決してない。常に新しい事にチャレンジし続けるサタケミキオ&セレソン。そんな今作品に豪華な、そして素敵な参加者が・・・!

前年の夏、「夏の風鈴三部作」の第1弾「夕(ゆう)」で初めてセレソンを観劇して下さったうつみ宮土理さん。サタケワールドがすっかりツボに入ったのか続く「口笛」「ぴえろ」にもご来場。そしてついには「アタシをセレソンに出して!」とサタケ氏に直談判。年明けに行われた「ザ・福袋」での日替わりゲストコーナーのご出演を経て今回の「コラボDEケロンパ」が実現する事に。お忙しい中での稽古でありながらも、そのモチベーションの高さに他の役者陣にも大いに刺激に。

さて今回は昭和45年が主な舞台設定という事で当時を象徴するキーワードが事件や音楽、衣装をはじめ、ちょっとしたフレーズ、人物キャラに至るまでふんだんに散りばめられており、また今では珍しい下宿屋「徳秀館」も現存する下宿屋をサタケ氏が自ら取材、参考にして創られたものである。

裏話-内部告発-

今回のクライマックスシーンの1つともいえる、マリーが幻想的な照明、スモークと共に庭先から浮き上がるように登場し、謙作の前に現れるという場面。大きな舞台や歌舞伎などではよくある、電動で床が持ち上がるというシステム。しかし常に手作り感覚を忘れないセレソン。もちろん手動。しかも舞台下の奈落と呼ばれるスペースで大の大人男3人が、声をひそめながらしゃがんでスタンバっている阿南敦子のケツをみんなで押し上げるという原始的極まりない方法。しかしそんな屈辱的な登場の仕方ももろともせず、毎回登場しきると「どうもー!」と謙作に笑顔で声をかけるマリーであった。

また冒頭での謙作と夏子のシーン。小道具忘れ常習者、宅間孝行が記録を更新。しかもうつみさん相手に。伏線となりうる夏子に渡そうとする映画のチケットを忘れてしまう。舞台奥の庭先にいた宅間の異変に気付いた舞台監督がチケットを取りに舞台裏をグルリと回り楽屋へ猛ダッシュ!その間、宅間は適当なアドリブでつなぐはめに。さすがなのはうつみさん。全く動じずアドリブに対応。終演後も「あー楽しかった!」とのコメント。恐るべし、うつみ宮土理。

Copyright (C) 2006 TOKYO SELECCION DELUXE. All Rights Reserved.