課外活動

How are you?

2005年4月7日-10日 @萬スタジオ

How are you?チラシ

キャスト

武田秀臣・宮前利成・阿南敦子・永田恵悟
杉田吉平・片渕忍・小野麻希子・水谷理沙
村上和彦・万田ユースケ・小渡志乃・須加尾由二
吉成浩一・是永千穂・水谷かおり・矢島弘一
出合淳・栗谷麻衣子

スタッフ

企画・総合演出/長田敏靖
作/武田秀臣・宮前利成・阿南敦子
照明/葛生英之 舞台監督/松井佐知子
音響/多田トモコ 宣伝美術/グラフマニア
チラシ撮影/村上和彦 制作/碓井夕梨子・村上和彦

ストーリー

「進化」をテーマにした、進化する3つの物語。

STORY1「おやおもい」

便利屋を営む浪花の親子、鶴田富男とサチ。二人が受けた依頼は、エリートサラリーマンの豪邸に侵入して不正を暴く事。上手く忍び込んだ二人であったが運悪く見つかってしまう。何とか誤魔化そうとする鶴田であったが、事態は思わぬ方向へ・・・。

STORY2「Heart」

舞台はとある大学病院の病室。そこへ研修に来ている超エリート研修医は、自分とは全く逆のタイプの担当女医に常日頃反発していた・・・。そこでの研修も終わりを迎えようとしていた時、ある事件が発覚した・・・!?

STORY3「時の翼」

幼なじみの亮、正博、恵、関口。売れないお笑いコンビの亮と正博は、関口がオーナーで恵が料理長を務める「学生居酒屋俺ん家」のイベントに呼ばれるが、開店直前にクビを告げられてしまう。久々の再会を果たした四人であったが・・・。

解説

サタケミキオの脚本でなく、宅間孝行も出演しないというセレソン初の試み。

場所はデラックス以前の東京セレソン時代以来の大塚萬スタジオ。脚本は、東京セレソン時代の脚本家、長田敏靖をスーパーバイザーに、ゴールデンカルテットのメンバーである武田秀臣、宮前利成、阿南敦子がそれぞれの作品の脚本を手掛ける。出演メンバーも、現在のレギュラー陣、セレソン久々登場の面々、そして初参加組とセレソンにとっても、セレソンファンにとっても新鮮な企画となった。

「進化」をテーマに三者三様の話でオムニバス形式で構成されるこの作品だが、プロローグ、芝居と芝居の間の幕間芝居、エピローグを通じ、ただ単なるオムニバス形式の芝居ではなかったという事がわかるのがミソ。

裏話-内部告発-

舞台の台本などロクに書いた事がない、また書く気もなかった武田、宮前、阿南の3名。シナリオライター長田氏の助言、または厳しいダメ出しを受け何度も何度も書き直しを。

今回自分のチームの作、演出、主演もさる事ながらキャスト集めから舞台セット、音響、照明等など考えなければならない事が山積みで、「サタケ氏の苦労が少しわかった」と阿南敦子。

また今回、舞台セットで時にはベッド、時にはカウンター等と場面場面に応じて活用された長方形の箱。本番前日の仕込み日、それもあと15分で劇場を退館しなければならないという時間になって急遽全て塗りなおす事に。時間と戦いながら出演者、スタッフ一同で何とか間に合わせたのであった。

Copyright (C) 2006 TOKYO SELECCION DELUXE. All Rights Reserved.